最近の歯列矯正法

最近の歯列矯正法には

最近の矯正法にインビザライン

最近の矯正歯科では「インビザライン」と呼ばれる治療方法を導入しています。インビザラインとは個人の透明な歯型を装着する事で歯並びを整える治療法が海外から日本にも徐々に浸透し始めています。インビザラインとは透明なマウスピースを2週間程度装着して、再度2週間新しいマウスピースを付け替えるというもので目立たない他に常に装着していなくても良いというメリットがあります。食事での煩わしさの解消や歯磨きのし辛さも解消されます。最近のインビザラインを導入している矯正歯科ではこれまでの印象材とトレーを使った型どりの方法で嘔吐

↑PAGE TOP