歯肉炎を放置すると

歯肉炎に効果的な歯磨き

歯肉炎ができる理由と症状

歯肉炎とは、文字通り歯肉、つまり歯茎に起きる炎症のことを言います。歯垢といって、食べかすを細菌が分解することでできるネバネバしたものが原因で、痛みはありませんが、歯茎が腫れて赤くなったり、歯磨きをすると出血するといった症状があらわれます。歯肉炎の段階で、お口の中を清潔にすれば、元の健康な歯茎に戻ります。しかし、放置しておくと症状は進んでしまい、歯周炎といって、歯茎だけでなく、歯を支える骨まで炎症が進行します。

↑PAGE TOP